角松敏生 Toshiki Kadomatsu 鳥山雄司 Yuji Toriyama Music-Contents
角松敏生Toshiki kadomatsu Home 
New!
ブルーレイ発売! 究極のステージを完全収録 
■音質、画像のクオリティに徹底的にこだわった作品
TOSHIKI KADOMATSU PERFORMANCE 2006"PLAYER'S PRAYER"SPECIAL 2006.12.16 NAKANO SUNPLAZA (Blu-ray)

DVD版はこちら
TOSHIKI KADOMATSU Performance 2006 “Player’s Prayer” SPECIAL 2006.12.16 NAKANO SUNPLAZA (DVD)

12月12日 New アルバム発売!
「Ballad Collection」 
「T's Ballad」「Tears Ballad」に続くバラードコレクション
12月12日発売 BVCR-11112
TOSHIKI KADOMATSU Ballad Collection

イルミナント動画配信中!
2005年、『サンリオピューロランド』で開催された、光のパレード ILLUMINANT(イルミナント)の模様を録画。
サンリオキャラクターのイリュージョンとアクロバットを合体させた斬新な演出。ノリノリのテーマ曲は、角松敏生/アガルタ
「GyaO」 にて動画配信中。 「アニメ」→「キッズ」→「サンリオBB Light」
 2007/10/31 まで

DVD-BOX発売!
The 25th Year DVD-BOX
TOSHIKI KADOMATSU The Traces of 1998〜2006
申し込み先はこちら
最近はテレビ出演も少ないし、次はフルHD−5.1ch、ブルーレイで出してくれないかな・・・

DVD発売!
横浜アリーナで行われた角松敏生の25周年記念ライブを収録したDVDです。
2枚組み 2006.12.13
TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Perfomance 2006.6.24 YOKOHAMA ARENA
DVD2枚組み。豪華ブックレット付・・・まぁ、いろいろとキラキラです。
今回のDVDはドルビーデジタル5.1chサラウンド音源も収録。
是非、5.1チャンネルサラウンドでライブの臨場感を味わって下さい!
購入はこちら >> 2枚組み 通常価格 ¥9,000
TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Perfomance 2006.6.24 YOKOHAMA ARENA ¥7,200 送料無料
今年の6月を思い出します。
「Bass is My Life」の文字とともに・・・  


スカチャン110で放送中のビデオクリップ。 ブレイクタイム
綺麗な青い海の映像とともに角松さんの曲がフルコーラスで流れています。
曲はアルバム「Summer 4 Rhythm」より。
環境ビデオに最適!
http://www.skyperfectv110.jp/prog110/Customize
CS-Ch.800、Ch.801、Ch.802(スカイパーフェクTV)
ブレイクタイム放送枠の中で放送。時間不定期
角松敏生-TV

2006.07.26 Newアルバム発売
『Prayer』 25周年記念 オリジナルアルバム
初回盤 ¥3675(税込) 「写真集付きスペシャル・パッケージ」
通常盤 ¥3059(税込)
 Prayer(初回生産限定盤)
 Prayer 通常盤

2006.06.7 『めざましテレビ』コンピレーションCD発売
『ありがとう〜thanks to you all〜』
39(サンキュー)プロジェクト2006 共同企画コンピレーション
2,300円(税込)
 フジテレビ めざましテレビ 「39プロジェクト」 ありがとう~Thanks to you all

2006.5.10 Newシングル発売
『Smile』 角松敏生 with 千秋
映画「ミラクルバナナ」主題歌収録 / 25周年記念シングル
DVD付初回限定盤 ¥1575(税込) / 通常盤 ¥1260(税込)

DVD付初回限定盤 Smile(初回生産限定盤)(DVD付)
通常盤 Smile
★初回限定盤特典のビンゴ。数字を忘れずチェック!
  66-28-54-2-7-39-70-24-59-8-46-33-72

2006.6.24 25周年記念Live
「TOSHIKI KADOMATSU 25th Anniversary Concert」
横浜アリーナ/全席指定 ¥8,000(税込)
おしらせ・・・
love story
ramp in
角松さんのバラード「RAMP IN」とVocaland ”sala” さんに提供の「LOVE STORY」のコピー曲です。
詳細はこちらをご覧下さい → 試聴クリック!
LIVE
角松敏生ライブツアー開始!
2006.9.10 〜 Performance 2006 "Player's Prayer"ツアー
   >> 詳細はこちら
角松敏生ライブツアー
TOSHIKI KADOMATSU & His Friends Performance 2004-2005
"Fankacostic★Solid&Elastic TOUR"〜ALLOVER JAPA もう一度…〜
 2004.10/4〜2005.4 全都道府県ツアー   >> 詳細はこちら
SALES
New Album「THE PAST & THEN」  2005年10月26日発売
 → THE PAST&THEN(初回生産限定盤)
映画「ミラクルバナナ」オリジナル・サウンドトラック  10月26日発売
 → 「ミラクルバナナ」オリジナル・サウンドトラック(初回生産限定盤)
角松敏生 『The ROAD』写真集+DVD 販売
DVD LIVE video
TOSHIKI KADOMATSU 20th Anniversary Live
AF-1993〜2001-2001.8.23東京ビックサイト西屋外展示場
TOKIO ニューアルバムにプロデュース参加
TOKIOデビュー10周年記念アルバム「TOK10」にプロデューサーとして参加
2004.9/1発売  ”WAになっておどろう”がリアレンジして収録されるそうです。
個人的には、細野晴臣/高橋幸宏、そして、TEI TOWAのアレンジがとても興味津々・・・です、はい。  >> 詳細はこちら!
TV / RADIO
2005/06/13 スカイパーフェクTV!110(CS110) NNN24「ニュースとわたし」
再放送:2005年6月24日(金) 19:30〜20:00
CROSSOVER JAPAN'04 テレビ放送
【BSフジ】  8月7日(土) 15:00〜17:00 (約108分)
【フジテレビ721】(スカイパーフェクTV!) 8月22日(日) 23:00〜25:00
収録:5/30「CROSSOVER JAPAN '04」(代々木第一体育館)
豪華な出演者の中でトリを勤めた角松さん。ポンタさん、ノブさんを含め懐かしい豪華バンドメンバーを従えて気持ちの良いサウンドを聴かせてくれました!
「WAY TO THE SHORE」のBGMに乗って皆さんが登場、角松さんのギターカッティングで「SEA LINE」の演奏がスタート。
気持ちいいーのと懐かしいーので、なんかジーンときます。

そして今回のライブを含め最後の曲「OSHI−TAO−SHITAI 」 角松さんの派手なギターソロから入って、ポンタさんのドラムがビシッと決めてくれます!
この曲では角松バンド皆さんのソロがじっくり聴けました。
ライブではあまり見る事が出来ない演奏プレイ、手元の動きがじっくりと見れるのはビデオの特権ですかね。ライブとはまた違った感動が。。。やはり皆さん国内一流の方ばかりとあってスゴイです。
「角松は聴かない」・・って人でも楽器好きな人は惹きつけられるのではないでしょうかね。
ポンタさんのソロの時、ポンタさんを見つめる角松さん、青木さん、小林さんの3ショットのカットが良かった。
まあーこの曲、ドラムが気持ち良いけど、ドラムの演奏はハードだわな(^^;

108分の番組でしたが、角松バンドは30分近くも占めてましたよ。
確かに、高中さんまではちらほらでしたが、角松さんの時は前の方はオールスタンディング状態でしたね。

HMV検索
検索する
sponsored links
 角松敏生 music Store
   CD・DVD・書籍の販売 (Amazon)
 角松敏生』関連商品を探す
   CD・DVDの販売 (楽天)
 角松敏生』書籍・楽譜を探す
   書籍・楽譜の販売 (楽天)

■ NEW ALBUM 発売!
Kadomatsu T’s Songs from L.A. 〜The Ballad Covers Collection〜
2004年10月27日発売
avex (AVCD-17526) ¥3,059(税込)

角松敏生の人気バラード10曲を米国西海岸の有名アーティストがカバー
Fankacoustics
 8月4日(水)発売 (BVCR-18032〜3) \3780
■ NEW SINGLE 発売!
 Startin' / 月のように星のように
 2004年4月7日発売 BVCR-19926〜7 \1,575(税込)
 スペシャルDVD付属&スペシャルイベント応募券付き
●4/18 テレビ Viewsic ランキング9位でした。→Viewsic Count Down100 (14:00頃〜? ビデオクリップが流れます・・・たぶん)
■ LIVE情報!
 CROSSOVER JAPAN'04
 5月30日(日) 国立代々木競技場第一体育館
 出演:青木智仁、村上“ポンタ”秀一、浅野“ブッチャー”祥之、小林信吾、友成好宏、斎藤ノブ、本田雅人
■きっかけ・・・
聞き始めたのはTokyoTowerの曲あたりから。多分、当時高校生。

 西城秀樹さんの”ビートストリート”っていうシングル曲があったんだけど、TVの歌番組で「角松さんに曲を作って頂きました」って西城秀樹さんが自分で紹介してました。この曲のベースドラムの”ドドドドドン、ドド、ドドドドドン、ドド・・・”って連打がインパクトありの、気持ちいいのとで強烈に頭に残りました。
それと、ラジオで聞いたTokyoTowerの曲アレンジの強烈なインパクトが結びついて、角松氏を聞き始めるようになったのでした。

さらに当時、中森明菜のファンでアルバムはすべて買っていたんだけど、その中のアルバム「Bitter and Sweet」の中に収められた曲「UNSTUDY LOVE」がとても好きで、ここにも角松氏の名前があった事もきっかけとなりました。

 その頃、角松氏が「FMライトアップタウン」ってFM番組のパーソナリティをやりだした頃で、毎週欠かさず聞くようになりました。
角松氏がいろんな人のプロデュースをやっているのを知り、益々のめり込むのでした。
このとき角松氏は確か大学(8年?)生って言ってたような・・・

実は、私はこの頃とても編曲に興味があって、自分で曲を作っては人に無理やり聞かせていたのでした。・・・大学生の頃
ちゃんと、シンセサイザーにドラムマシーン、マルチトラックレコーダにシーケンサーパソコンまで揃えてました。・・・でも未だにうまく弾けない(^^;
 この頃って角松氏も”バリバリの打ち込み”でしたもんね。

これからさかのぼって、前に発売されたアルバムを聞くようになりました。
ちょうどLPからCDに移行して行く時代ですね。

あの大きなLPのジャケット好きです。今でも何枚かリビングの壁に並べてあります。
LPレコードは大きくて重くて、聞くのに手間もかかって音楽自体が”崇高な物”に思えてましたけど、今ではCDは軽くて気軽に聞ける分、音楽も軽くなっちゃったような気がします。(注:角松氏の曲じゃないですよ・・巷の音楽が)
 ・・・言うことがおじさんくさいです(^^;      ・・・ちょっと反省。

   (1996.8.12)

話を戻して・・・と
あと、JADOESも良く聴いてました。
ご存知ない方も多いと思いますが、後にメジャーデビュー(?)した、DANCE☆MAN の藤沢さんがボーカルのユニットです。
もともと「お笑い」の人なんですがアルバム、そしてビデオも出してます。デビューから中盤までは角松さんのプロデュースです。
中古CD見つけたら買ってみて下さい。角松サウンド満載です。
ウッチャンナンチャンあたりと同期なのかなー?よく分かりませんが。 当時、お笑い番組で何度か見ましたね。
NHKテレビではお笑いのライブのほかに、歌のライブも放送されました。BSだったかなー
JADOESで歌っているの初めて見ましたが斉藤ノブさんとの競演はなかなか良かったです。
そういえば同じ番組でPRISMとか出てたし・・・。
アルバムの中に入っている中山美穂さんの曲&セルカバーの「Get Your Love Tonight」や「All My Dream」「部屋」などメロディアスな曲もなかなかいいです
毎日子供向け番組で歌ってるDANCE☆MAN見てたら、ふと思い出しました。

   (2004.8)
■お気に入りの曲
  • After 5 Crash (After 5 Clash)---都会的な歌詞が好きでした。曲もカッコイイ。
  • I Can't Stop The Night (Gold Digger)---ダンスミュージックの極地。スクラッチバリバリ、強烈なインパクトありました。
  • Mermaid Princess (Gold Digger)---心に染みます。涙が出る・・・バラード。
  • Take Off Melody (Touch And Go)---コンピュータサウンド全盛期、とてもにぎやかな曲。私も打ち込みました。
  • Take It Away (Touch And Go)---歌詞が好きでした。景色が目に浮かぶ。
  • SEA LINE ( Sea Is A Lady)---もともとインストウルメント系が好きだった私には待望のアルバムでした。気持ちいい!
  • MID SUMMER DRIVIN' ( Sea Is A Lady)---とにかく気持ちいい。かってに情景が広がります。
  • この駅から…〜STATION (ALL IS VANITY)---なんか好き。
  • 夜をこえて(あるがままに)---悲しいメロディがいいです。
  • 時の挽歌 (君をこえる日---この時期の曲、凍結付近で歌詞が重たい?です。この重たい感じも好きです。
  • 時計 (TIME TUNNEL)---ちょっと変わったアレンジがいいです。
  • UNSTEADY LOVE (The gentle sex)---カッコイイ曲です。明菜の曲でも一番好きです。
  • SINGLE GIRL (The gentle sex)---寂しさ感じます。目に浮かびます(・・・何が?)
■お気に入りのアルバム
 T's Ballad ---バラード好きなので(結局何でも好きじゃん)。飛行機好きの私にとって、日航123便の墜落はショックでした。
ジャンボで東京から帰ったばかりでした。

 このアルバムは123便追悼アルバムになってます。
 ジャケット写真好きです。

結局、すべてのアルバム、曲に、当時の思い出ものっかって全部好きなんですねぇ〜。
多感な時代に良く聴いてた曲だから、特に80年代の曲は何かくるものがあるみたいで・・・その時代のファンが多いようだし、今でも人気曲の中心はそのあたりですしね。
角松ファンって、結構そんなおじさん、おばさんが多いのでしょう・・・(いや失礼)
もう、20年近いんだもんなぁ、時間が経つのは早いです。
■角松ぐっず
オルゴール2オルゴール FMラジオの番組「ボーグズ・バー」のオルゴール
(曲はDESIRE)
LD- SEA IS A LADYLD- SEA IS A LADY2 レーザ・ディスク「SEA IS A LADY」
収録曲はLPアルバム「SEA IS A LADY」と全く同じ内容です。
アメリカ東海岸の映像で、さらに曲がひきたっていい感じです。
「SEA LINE」での赤いコルベットがカッコいい。「MID SUMMER〜」もスピード感があって気持ちいいですね。
ただ、「NIGHT SITE〜」は夜景(神戸?)の映像にして欲しかった。。。かな?
発売後まもなく、これを見たいが為にLDプレーヤーを購入しました。
■角松敏生を詳しく知りたいなら。。。
OFFICIAL SITE
BMG-TOSHIKI.KADOMATSU
Kadomatsu web site
BIC
角松敏生Toshiki Kadomatsu 鳥山雄司 Yuji Toriyama たかひろ Takahiro